スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.19 (Tue)

モンスターペアレント 第8話レビュー

毎週火曜22時から放送中のフジテレビ系列ドラマ 「モンスターペアレント」


第8話「」

ここ最近樹李の業績が落ちていたため、城山から
教育委員会の仕事から手を引けと言われたんだけど
その件はしばらく保留という形になりました。

望月からまた新たなモンスターを紹介される樹李。
今回のモンスターは、タレントとして活躍する娘の親、太田祐美(三浦理恵子)だった。
祐美は、娘の勉強よりタレント活動の方が大事だと、娘に宿題を出さないよう
要求してきた。
担任の中川(佐藤二朗)は、個人授業をしてくれると言う。
望月はいい方法だと思うが樹李はあまり良くは思っていなかった。
三浦は「個人授業だけは絶対にさせるな」といつも以上に厳しく樹李たちに言い放つ。
何か理由があるようだがこの時樹李は気づくはずもありませんでした。

三浦はある日、一人でその問題の学校へ向かう。
そこで担任の中川に出くわす。
三浦は「同じ事は繰り返させない。個人授業だけは絶対にさせない」と
中川に言うものの、中川は真に受けずその場を立ち去った。

三浦は4年前とある学校に務めていた。そこで同僚の教師に
最近娘が登校拒否するようになったと言っていたが
自宅から電話がかかってきて、自分の妻から
娘が担任が怖くて学校に行けないと言ったのだという。
三浦は激しく怒り、担任の中川の元へ向かうが
開き直られ結局何も証拠はつかめない。
その為、学校の生徒に聞き込みをするのだが
そのせいで娘が担任に何をされたのか広まってしまい
娘はますます学校へ行かなくなってしまう。
娘の転校を考えたのだが、三浦はどうしても中川の尻尾をつかむ
ことをあきらめなかったため、夫婦関係、父娘関係共に崩れ
三浦は一人で戦うことに。
しかし中川は弁護士に三浦のことで依頼していた。
これ以上中川に付きまとうと訴訟を起こすと言われた。
弁護士に「あなたみたいなのをモンスターペアレントって言うんですよ」
と言われ愕然とする三浦。
その直後三浦は現在の職場、教育委員会にやって来たのだと言う。
それを教育長の田川から聞かされた樹李。

樹李は望月を救いに学校へ赴く。
そこで何とか祐美を説得させたのだが
中川は樹李をにらむ。
その夜樹李は三浦に初めて感謝される。

シニアパートナーの会議当日。
樹李はもちろん出席したのだが、望月から電話がかかってきて
結局中川が個人授業を開くと言ったのだという。
三浦はそれを聞き学校へ向かってしまったと。
樹李は・・・

会議より三浦を止めるのを優先させてしまった。
三浦を必死で止めるのだが
三浦は教室まで向かってしまう。
そこで中川が祐美の娘にわいせつ的な言葉をかけ
頭をなでるなどしていた。三浦は中川に殴りかかり・・・。



・・・。あの担任キモい!!!!!!
演じてる佐藤さんはよくあんな仕事・・・w
三浦がモンスターペアレントという言葉を嫌っていたわけもわかったし
過去に何があったのかもわかりました。
かわいそうだよね・・・三浦。殺したくなる気持ちもわかりますよ。
樹李が三浦の弁護をすることになりそうだけど
会議サボったから責任とらされるんじゃないかな・・・。
樹李って本当かわったなぁ。
ちょっと前の樹李ならあり得ない行動だもんね。
しかし三浦理恵子はあんなチョイ役でよく納得したもんですねw
出演シーン10分にも満たなかったぞw
そして次回は川島なお美・・・
いいゲスト押さえたなwあれは強烈だぞ。
そういう役が似合いすぎだもんw
スポンサーサイト

テーマ : モンスターペアレント - ジャンル : テレビ・ラジオ

23:19  |  モンスターペアレント  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://glitteryouchan.blog19.fc2.com/tb.php/180-dbfd107d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。